【数の管理】 冬物コートはお気に入りのモノだけ。



こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。



好きなモノを見極める。

数年前に大々的な断捨離をしました。

何着もあった冬物のコートも質屋やリサイクルショックに持っていき処分しました。

残ったのはダウンコート1着。

1着のコートで2年過ごしました。

清潔感って?

今年が3年目の冬。

コート1着でも何の問題もありません。

しかし、1つだけ問題が(-_-;)

ダウンの小さな羽が裏地の縫い目からでて洋服に付くのです。

私の洋服は、黒っぽいものばかり。

ダウンを脱ぐと白い羽がセーターやワンピースに付いて目立ってしまいます。

目で見える部分は取れますが、背中に付いた羽は取れません。

ダウンを脱いだ後が怖くて。

 

イメージして下さい。

洋服に何かしらのホコリや毛玉が付いている人。

清潔感はありません。

 

デザイン的にも暖かさとても、とても気に入っています。

どうせならもっと着つづけたい。

 

裁縫教室の先生に、コートの裏地を付け替えたいと相談しました。

ダウンの毛の先が糸の縫い目から出ているようで縫い直しをしても同じかもしれない。

静電気のスプレーで防止してみたらどうですかとアドバイスをいただきました。

すこし様子を見たいと思います。

 

新しいコート

どちらにせよ、このまま着続けるのは難しいのかなと思い、1着購入することにしました。

せっかく買うのなら長く着られるモノと思いながらお店に行くと、とっても素敵なファーコートが目に付きました。

少し値が張りましたが長く着られること身につけていると自分の気分がハツピーになったので買うことにしました。

自分の気持ちに聞いてみる。

沢山の洋服を持つよりも、とっておきのお気に入りの1着を着続ける事の方が自分には合っています。

今までは、お気に入りじゃないけど同じ服ばかり着ている事が恥ずかしいと思っていました。

それは、基準が自分でなく、他人の目だったからです。

他人に沢山の洋服を持っている事が良いと思われたい自分がいました。

でも、多く持っていても自分の気持ちがワクワクできなければ沢山持つ意味があるのでしょうか?

 

クローゼット収納についての記事

↓↓↓↓↓↓↓

クローゼットをキレイに保つ為の5つのルール作り

クローゼットの写真をみて気づいたこと

 

沢山持っている事がいいという時代は終わりました。

お気に入りのモノを少しだけもつ時代に変化してきています。

シンプルライフ。

物が少ないからこそエレガントなモノを。

人と同じでなくてもいい。

捨てるも残すのも決めるのは自分。



最後までご覧いただきありがとうございます。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA