ゴミ袋収納の収納ケース変えてみました。

ゴミ袋収納は難しい。(;^_^A

理想のゴミ袋収納は、取り出しやすく、キレイに収納でき、見た目がキレイ。

この条件全てをクリアーするために日々、試行錯誤しています。(;^_^A

 

前回は、ラップの位置とゴミ袋の収納ケースを変える見直しをしました。

 

 

変えたこと。

前回、使用した収納ケースは高さが引出しの高さに比べると高いため、引出しを開いた時に圧迫感があるため今回は、平らな収納ケースを選んでみました。

 

今回使用した収納ケースは、セリアのA4サイズのトレーです。

色も白でラップケースの白と同じ色なので統一感がでました。

中が見えないように白のプラスチック製のボードをケースのサイズにカットして目隠し用の蓋にしました。

 

※ 白いボードを取ると中はこんな感じです。

ケースが広くなったので、ゴミ袋も入れやすくなりました。

 

自分の感覚を大切にしています。

収納の見直しをしたときは、きっとこれで使いやすくなるだろうと仮定して配置や収納ケースを選びます。

でも、実際に使ってみないと使いやすいかどうかはわかりません。

使ってみて、感じること。

その感じたことを見逃さずに形に変えていきます。

使うもの、使う人、ライフスタイルやライフステージは変化していきます。

子供も成長していき、私たちも年を取っていきます。

10年前と同じ収納方法が今も変わらず使いやすいとは限りません。

 

使いにくと感じたときは、その感覚を大切にしています。

なぜ使いにくいのか?

この使いづらいを意識すると理想の収納に近づくことができます。

 

収納の見直しをすると、毎日の生活がしやすくなります。

使いずらさが改善されると、引出し一つ開けるだけでも楽しくなります。

これが、日々の生活を楽しむことに繋がっているような気がします。





最後までご覧いただきありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

シンプルライフランキング
Instagram

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA