【ハンドメイド】上品なノーブルワンピースできました!



こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。



ノーブルって言葉、最近知りました。

高貴なさま

上品なさま

という意味だそうです。

知ったのでタイトルで使ってみました。(笑)

ようやくできました!

11月から洋裁教室に通い始めようやく上品ワンピースが出来上がりました。

先生に指導していただきながらパターンからつくりました。

美しいワンピースを着るために。

昨年8月から自分の好きなワンピースが着たいという思いから、独学で洋裁を始めました。

何とか形にはなるけれど、どうして既製品のような美しさがありません。

このままではいけないと思い昨年11月から洋裁教室に通うことにしました。

通うようになってからは目からうろこなことばかり。

もともといい加減な性格。

洋服作りは、数ミリ単位も丁寧に。

いろんなことを学んでいます。

だから、今までの洋服とは比べものにならないくらい出来上がりが違う。

洋服を見ていてうっとりするくらい綺麗に出来ました。

こだわった点

今回、こだわった点は、フリンジです。

フリンジを付けることで上品さが出ます。

デザインが前開ファスナーなのでファスナーを隠すために共布でフリンジを付けました。

このフリンジを胸元にもつける予定でしたが冬は上にカーディガンを着るため、ごわついてしまいます。

そのため、裾につけることにしました。

紺色なのでフリンジがあっても「ぎょうらしくなりません。」

※ぎょうらしいは博多弁でおおげさ、けばけばしているという意味です。

50歳に手が届きそうな年齢。

あまりフリフリした洋服を着ていると痛いおばはんになってしまうので控えめにしました(笑)

上品でフォーマルでもOK

ちょっとしたお出かけでも着ていけるワンピース。

多くの事を学び多くのことを感じました。

✔今までは、早く出来上がりを見たいという思いで丁寧さが足りなかった。

✔パターンよりも綺麗に縫うことを重要視していましたがどちらとも大切

✔アイロンのかけかただったりとにかく基本的な事がわかっていなかった

挙げるときりがないほどです。

次回は、今回のデザインをアレンジし春用のワンピースを作りたいと思っています。



最後までご覧いただきありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA