経年美化を楽しむ床材



こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。



家を建てて、19年になります。

我が家のリビングの床は、既製品ではなく

構造用木材2×6を加工したもので床を作っています。

一見、手間がかかって費用がかかりそうなイメージがありますが

反対で

コストを抑えるために、住宅会社が提案してくれました。

いろんな面でメリットデメリットがあります。

 

メリット

コストを抑えることができる

好きな色にペイントできる

古くなるほどに味がでてくる

 

デメリット

木材が変形する

目地にごみがたまる

 

結論

すごく気に入っています。

傷がついてもすれても何も気になりません。

ごみがたまるなどのデメリットはありますがそれを上回るほど木材の味わいがでるのが好きです。

19年になりますが、時間がたてばたつほど、使えば使うほど、味が出ています。

経年美化

 



最後までご覧いただきありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA