点と点が線になるとき



こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。

家計簿は、長年、趣味でつけています。

それも、収支を合わせることが目的になっていた家計簿

 

その際に身に着けたエクセルの技術。

ただ、家計簿を狂いのない完璧な状態を作るためのものでした。

もちろん、貯蓄額や使い過ぎには意識はしていましたが、さほど効果もなく。

家計簿をつけているときは、今月、こんなに使っている(-_-;)だから、残りの期間は、節約!と意識しはしますが、いざお買い物に行くと「まっいっか!」今回だけは

どうにかなるよね~

そんな軽い気持ちでは貯まるわけがない。

今、振り返ると、もう少し貯蓄額に意識しておけば今頃・・・と思います。

 

そんな、趣味で身に着けたエクセルの技術が、仕事でも役に立つ時がやってきたのです!

まさか

こんな時が来るとは!

 

エクセルのピボットは、神機能です。

時間をかけて集計していたものが一瞬で答えを出してくれます。

答えが出た瞬間、惚れ惚れします!

「ピボット君、君はすごい!」

仕事でシステム会社の方と話をしていた時、ピボットがでできた時、自分たちの仕事は必要あるのか?と思うぐらい優れた機能だと話してありました。

 

そんな大好きなピボットを使いながらつけていた家計簿でも、これって、意味あるのかな~っと、ふと思うこともありました。

でも、意味があったんです。

 

何かに興味を持ち

そのことが何の役に立つのかわからないけど

そのことを極めると

ある時

点と点が線になるときが来るんだな~と身にしみて実感しています。

 



最後までご覧いただきありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA