美しく見える法則



こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。



花束の見え方

昨日、頂き物のお花。

飾ってみました。

花束は、多くの花があるから美しい。

でも、一輪挿しにさされた花も美しい。

 

二つを見比べて、どちらが美しい?

すべての花をまとめた方が豪華で美しいかもしれない

でも、不思議と一輪でさしている花の方が美しさが引き立って見える。

 

こんな感覚に気が付いたのは初めて。

 

色の影響?

花束の時は包装紙で全体をまとめている。

この包装紙が大きな役割をはたしていいる。

 

だから、花束にした時と花瓶にさした時の見た目の印象が変わってします。

さっきまであんなに豪華だった花たちが花瓶にさすと寂しく感じてしまう。

 

色が与える影響は大きい。

 

 

 

白や緑の中に混じった赤に違和感を感じてします。

花束の時はあんなに輝いていた赤に違和感を感じる。

 

赤だけまとめよう

 

この方が美しく見える。

それぞれの美しさが相乗効果で全体を美しく輝かせてくれているようです。



最後までご覧いただきありがとうございます。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA