お金に働いてもらうために

資産運用

数年前までは、資産運用は定期預金のみ

時代は変わり、NISAやiDecoなど国をあげて投資を推奨しています。

 

20年前、住宅ローンを組むために知識としてFP2級取りました。

その時、投資についても学びましたが複雑すぎてやってみようという気持ちにはならず

ひたすら住宅ローンを完済することに励んでいました。

あの時、もう少し広い目線で見ることが出来ていれば・・・

未来を見る力があれば・・・

後悔しても時間は戻すことはできません。

せめて10年早く投資を始めていればと思います。

 

子供たちに伝えたいこと

最近、子供たちに口癖のように話すことは

「お母さんは、10年早く投資を始めていたら人生が変わっていた。」

「会社を辞めたいと思った時にすぐにやめることもできる。」

「お母さんのようにならないように会社だけに依存するのではなく」

「自分に武器を持ちなさい」

「そして、投資について学びで資産を増やしなさい」

お金のために働くのか

お金が働いてくれるのか

考え方で全く方法が変わる。

今からでもできること

今は50歳。

始めることに遅いことはない!

 

投資を始めて3年。

今から出来る事はある。

投資を始めて思うことは、失敗も成功も経験しながら投資の感覚を身につける。

人生のようだな。

定期預金は、失敗はありません。

でも、成功もありません。

何もしないことのような気がします。

 

10年後、60歳の時が楽しみです。

 

 



最後までご覧いただきありがとうございます。





おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA