寝るときの姿勢で胃を守るイオンのマットレスピロー

逆流性食道炎まるごと支えるイオンマットレスピロー


こんにちは!

シンプルだけど少しだけエレガントな暮らしに憧れている
アラフィフのtakakoです。

毎朝9時に更新しています。

読んでいただけると嬉しいです。

みなさん。胃って丈夫ですか?

 

私も長年、逆流性食道炎との付き合いってきました。

思い返せば、10代から食後は、消化が悪く、長時間歩いたり、長時間立っておくことができませんでした。

30代、40代と症状はひどくなり6年前ぐらいかな~胃カメラで自分が逆流性食道炎だということを初めて知りました。

 

お酒を飲み過ぎると、胃の調子も悪くなったり

片頭痛の時は、頭痛薬を飲むと最悪に胃の調子も悪くなったり

何日もまともに食事がとれないことが続いたりしていたので

胃薬をいつも飲んでいました。

病院に行っても薬を処方されるだけ、完治するのは難しいということで

上手に付き合っていくしかないということに何十年もたって認識しました。

 

自分の感情を思い返すと、その場しのぎのことしかしてなくて

悪くなれば薬を飲めばそのうちよく良くなるだろうと真剣に向き合っていなかったと思います。

 

このままではいけないことに気が付いてからは、まず今できることをやってみました。

食後、すぐには横にならない

横向きで寝る

調べてみると薬に頼らなくても改善できる方法はあるみたい

 

その中でも効果があったのは、寝るときに傾斜をつけることでした。

まずは、効果があるかを試すために、家にある毛布等で傾斜をつけて試してみました。

すると、胃のムカムカがなくなりました。

 

これなら、傾斜になったマットを買っても大丈夫だと思いネットで探してみるといろんな種類がありました。

今回、買ったのが

イオンHOME COORDY

まるごと支える マットレスピロー  価格:本体価格 4,980円(税込価格 5,478円)

今回は、上半身部分のみを購入しました。

傾斜はなだらかですが、今まで毛布等で組み立てていたものと同じくらいです。

このマットの良さは、傾斜+首の形状にあっているのですごく快適な睡眠ができています。

 

最近、思うことは、自分の中で困っていることや問題があった時、その場しのぎのことをするのではなく

なぜそうなったのか?

どうしたら改善できるのか自分なりに考えてみることの大切さ。

少し考えて行動しただけで改善できることが多くありました。

その度に、なんで、もう少し早く真剣に取り組まなかったのだろう?

心の奥底で面倒だという思いが強く働いて、そのうちすればいいや~と思っていました。

これからは、快適に生活するためにも「そのうちすればいいや~」を減らしていけたらと思っています。



最後までご覧いただきありがとうございます。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA